メカ設計コラム

3Dデータの無料ダウンロードサイト【厳選2 + 4選】(設計・3Dプリンター用)

投稿日:

個人用の3Dプリンターが普及してきました。

データをダウンロードし、何か出力してみたい人も多いでしょう。

「Arduino」や「ラズベリーパイ」で電子工作をしている方は、これらの基板を納めるケースを作りたいと考えているかもしれませんね。

私も製品の試作時には、ラズパイ(ラズベリーパイ、Raspberry Pi)を使ったりArduino(アルドゥイーノ)を使ったりする事があります。

筐体設計時には、ラズパイやArduinoの基板外形3Dデータが欲しくなります。

しかし、公式サイトには2D図面しかないですし、自分でデータ化するのは面倒です。

そういう時によく活用しているのが「3Dデータを無料でダウンロードできるサイト」です。

データ化したものを公開してくれている方がいるので、こちらをありがたく活用させてもらってます。

そこで今回は、

  • 前半:私がよく利用する厳選2サイト
  • 後半:その他4サイト

を紹介したいと思います。

  • 家庭用の3Dプリンターで何か便利そうな物を探して出力したい
  • Arduinoやラズパイのケースを出力したい
  • 設計で流用できるstepやigesといった3Dデータを探している

上記のような人は、活用できるサイトだと思いますので、参考にしてみてください。

GrabCAD

GrabCADは私が一番よく使っているサイトです。

全世界から150万人以上のエンジニアやCADデザイナーが集まる巨大コミュニティーサイトで、2014年に3Dプリンターで有名な企業である「Stratasys」に買収されました。


このサイトの中のLibraryというコーナーで、世界中のユーザーが作成した3Dデータが無料で共有されていますので、こちらをよく利用しています。

種類が豊富なのはもちろんですが、最も良いと思うのが「step」や「iges」といった3D CADで編集可能なデータが共有されているという所です。

一般的な3Dプリンター用の3Dデータ共有サイトだと「stl形式」といった3D CADでは編集できない形で共有されている事がほとんどです。

一方、GrabCADは、元々機械エンジニア向けのサイトだからなのか、ほとんどのデータは「step」「iges」といった形式で共有されています。

人によってはSolidworksの生データinventorの生データで共有してくれている人もいます。

私は後から人のデータを追加修正したいと思うことも結構ありますので、こういった生の3Dデータでの共有は非常にありがたいです。

公式サイトGrabCAD

Libraryから無料ダウンロードLibrary

GrabCADの使い方

データのダウンロードには無料会員登録が必要ですので、まずは登録しましょう。


Join the Community」のボタンをクリックし、必要事項を入力すれば会員登録は終了です。

登録が終了したら、Libraryのページから英語でデータを検索し、3DデータをダウンロードすればOKです。


試しに「Arduino uno R3」の3Dデータを探してみます。

検索すると、ケースや基板外形など「Arduino uno R3」に関係するデータがたくさん出てきます。

赤四角のデータをクリックします。


右上の「Download files」からダウンロードできます。


ダウンロードしたファイルを開きます。

データが入っている事がわかります。

GrabCADでダウンロードできる無料3Dデータ

結構なんでもあるので、好きなものを検索して利用すると良いですね。

例えばですが、自分は下記のような用途で使った事があります。

  • パンフレット置き 【展示会場の設計用】(Brochure Shelf, brochure stand, brochure等で検索)
  • 人 【展示会場の設計用】(human等で検索)
  • ArduinoやRaspberry Pi 【試作筐体設計用】

公式サイトGrabCAD

Libraryから無料ダウンロードLibrary

Thingiverse


Thingiverseは、2008年に発足した世界最大級の3Dプリンター用の3Dデータ無料ダウンロードサイトです。

MakerBotが運営しています。

こちらもGrabCADと同様、多くの方が3Dデータを共有してくれています。

たまにstepデータなどを共有してくれている方もいますが、stl形式のデータが多いです。

ここはGrabCADと大きく違う部分です。

自宅の3Dプリンターで便利な物を何か出力したい」という時には便利なサイトだと思います。

なお、商用可否などは、データにより違います。

しっかり読むようにしましょう。

公式サイトThingiverse

Thingiverseの使い方


サイト上部のEXPLOREの「THNGS(もの)」を見るか、検索窓から直接検索します。

自分は直接検索する事が多いです。

試しに「Raspberry Pi」で検索してみます。


Thingsでフィルターがかかっているので、Thingsの中から検索されてます。

個別ページをクリックし、ケースをダウンロードしてみましょう。


右上の「DOWNLOAD ALL FILES」をクリックして、ダウンロードします。


ダウンロードしたファイルを開くと、3Dデータが入っていることがわかります。

今回は、stlに加えてstepデータも入っていました。

ライセンスの話をしているファイルもあります。

しっかり読んでおきましょう。

公式サイトThingiverse

Thingiverseでダウンロードできる無料3Dデータ

GrabCADと同様、色々あります。

私は、下記の3Dプリンター用のフィラメントホルダー(スプルホルダー)を出力した事があります。

参考OVERSIZED - Universal Spool Holder

参考STANDARD SIZED - Universal Spool Holder

参考SMALL - Universal Spool Holder

フィラメントのサイズによって、ホルダーは3つのサイズに別れています。

もし同じものを出したい方がいれば、下記のサイトで選び方について日本語で説明されていますので、参考にすると良いです、

参考3Dプリンター用のフィラメントホルダーを3Dプリントした

その他、3Dデータ無料共有サイト

正直な所、自分はだいたい上記2つのサイトで事足ります。

「GrabCAD」も「Thingiverse」も有名で大きなサイトです。

よくわからない人はまずここで3Dデータを探せば良いと思います。

しかし、世の中には他にもたくさん3Dデータ共有サイトがあります。

人によっては2サイトでは足りず、もっといろんなサイトを探したいという方もいると思います。

参考に4サイト追加で紹介しておきたいと思います。

YouMagine


YouMagineは、3DプリンターメーカーのUltimakerが運営するサイトです。

Ultimakerシリーズに最適化された3Dデータが共有されています。

公式サイトYouMagine

MyMiniFactory


MyMiniFactoryは、プロのユーザーの高精度な3Dデータがあるのが特徴のサイトです。

高精度フィギュアっぽいもの、インテリアっぽいものが多い印象です。

サイトでデータが公開される前にソフトウェアチェックとコミュニティーでのテストプリントが入るため、他サイトとは違い100%プリント可能なデータがアップされる事をうたっています。

無料のデータと、有料のデータがあります。

デザイナーとしてストアをオープンすると、自分の作ったデータで利益を得ることもできます。

公式サイトMyMiniFactory

Pinshape


Pinshapeには、有償と無償のstlファイルがあります。

Pinshapeの登録したユーザー(3Dデータ設計者)は、自身の作成したデータをサイトで売る事ができるのも大きな特徴です。

公式サイトPinshape

Cults3D


3Dプリンター用のデータのマーケットプレイスです。

有料だけでなく、無料のデータもあります。

公式サイトCults3D

3Dデータの無料ダウンロードサイト【厳選2 + 4選】(設計・3Dプリンター用)

私がよく使うサイトは、下記の2サイトです。

今回は、その他下記の4サイトも紹介しました。

無料で共有されているデータは、提供者に感謝しながらうまく活用していきましょう。

-メカ設計コラム

Copyright© 機械設計学習館 , 2020 All Rights Reserved.