製品分解

エアコンのリモコンのボタンが効かない!分解修理してみた

投稿日:2019年6月29日 更新日:

家の日立のエアコンのリモコンの調子がおかしくなりました。

現象としては下記の通りです。

  1. 運転開始/停止のボタンが効かない
  2. 電源が入らないことが多くなってきた

分解して修理してみることにしました。

日立のリモコンを分解修理【写真付き】


こちらが今回分解するリモコンです。


ひっくり返し、電池ブタを外します。

赤丸3箇所のタッピングねじを葉末ば外れそうです。


一部ツメになっている部分もありましたが、無事外れました。

電池は先に外しておいた方がよかったですね。

赤丸のタッピングねじを外せば基板が外れます。


ボタンが効かないのは、リモコンのボタンの導電ゴムと基板のパターンの部分の接触がうまくいっていないのだろうという事で、綺麗に掃除します。

参考「導電性ゴムってどんなゴム?」

電子端子も腐食していて接触が悪そうで、電源自体が入りにくくなっているのはこれが原因な感じがします。

ダイヤモンドヤスリで削って、金属部を露出させてみることにします。

メッキも一緒に剥がれてるので、以降錆びやすくはなると思うのですが、とりあえずこれで復活するか実験です。


ちなみにですが、表示部は基板に表面実装されている訳ではなく、完全に別パーツになっていました。

また、配線で繋がっている訳でなく、こちらも表示部についた導電ゴムみたいな所と基板のパターンを当てる事で通電しているようでした。

リモコンとかだと普通の設計なんですかね?

自分の分野と違う製品を分解して見てみるのも面白いですね。


掃除後はこんな感じです。

最初よりはだいぶきれいになりました。


組み直したら、無事電源が入るようになりました。

ボタン操作も問題なくできるように復活しました。

リモコンの樹脂の材料


フタ部分、本体部分ともにPS(ポリスチレン)でした。

エアコンのリモコンのボタンが効かない!分解修理してみた【まとめ】

  • 分解して導電ゴムや基板を掃除したら復活した
  • 電池の端子を磨いたら復活した(ただしメッキは剥がれてるはずなので要注意)

故障して面倒臭いなと思っていましたが、分解する事でまた少し賢くなりましたし、記事も増えたので良しとします。

掃除だけで導電ゴムのボタンが復活しなかった場合は、下記のテレビのリモコン修理記事のようにアルミテープを使うと直る可能性があります。

あわせて読みたい
テレビのリモコンが故障した(ボタンが効かない)ので分解修理した【動画あり】

オリオン(ORION)製のテレビのリモコン(型番:LC-007)の調子が悪く、ボタンが効かなくなりました。 故障といっても、ボタンが効かないだけなら直せそうだなと思い、分解して修理してみることにしまし ...

もしよろしければ、合わせて参考にしてみてください。

-製品分解

Copyright© 機械設計学習館 , 2020 All Rights Reserved.